Kijo Life

沖縄GiRLの自由ライフ

6歳の根性〜小さい歩幅で3時間超えの長距離を歩き続ける〜

今週のお題「人生最大の危機」

 

こんばんは。

 

今日は、二日ぶりにブログを開いたんですけれども、

お題のところに「あのピンチを振り返る」というお題が!!

 

面白そうじゃん!!と思い、即決で今日はそのことについて書こうと決め、

今記事を書いております。

 

 

ですが、ピンチと言われると、意外にも、人生の中での「ピンチ」って

そんなに多くはないような気がするんですが、みなさんどうでしょうか?

 

財布をよく失くしたりする人からすれば、

それこそ大ピンチだと思うんですが、意外にも財布は失くさないし、

そんなに日常生活ではピンチってないんですよね、思ってる以上に。

 

強いていうならば、保育園か幼稚園の時に、

母親に怒られて、当時住んでいた団地からおばあちゃんのお家まで

歩かされたことでしょうか。その距離、なんと8キロ。。。

 

8キロって聞くとそんな遠くないって感じると思うんですが、

保育園生や、幼稚園生の歩幅で8キロですよ、、、

それも真夏日、、、お金も持っていなかったのでお水も買えないし、

今更ながら本当に頑張ったなぁ。。と思います。(自画自賛)

 

 

それも、まず道をはっきり覚えていなかったんですよね。

なので、もちろん遠回りもしていますし、

3、4時間ほどかかったのを覚えています。

 

ですが、置いていかれたのにも関わらず、バカで好奇心旺盛な私は、

不思議となんの不安もなかったんですよね。

「置いていきやがって、クソヤロー!!」程の感情しかなくて、

本当に子供って平和ですよね。笑

 

 

おばあちゃんのお家に向かっているうちに

冒険心も出てきて、慣れていない中路をトコトコ歩いて行ったのを覚えています。

 

 

わからない道は他人様に教えてもらったり、

車に乗っている女性に聞いたりして進んでいきましたね( ´ ▽ ` )懐かしい

 

3、4時間かけて、やっと見慣れた景色が見えてきて、

「やってやったぞ!」というその時の達成感はもう素晴らしいものでしたね。

 

その日、おばあちゃんのお家のインターホンを鳴らした瞬間を

未だに忘れられずにいます。

 

私の汗と、努力と、冒険心と、達成感と、根性強さが詰まったインターホン。

 

おばあちゃんが出てきた時は嬉しくて、嬉しくて。

お昼ご飯がいつもの何百倍も美味しく感じられました。

 

今思うと、あの出来事は

私の人生の中で、いい経験になったのは勿論のこと、

最大のピンチ??でもあったのではないかなと思います^ ^

 

 

 

KIJO

 

 

2019.08.09

 

 

 

f:id:marylife:20190405164838j:plain