Kijo Life

沖縄GiRLの自由ライフ

最低賃金が上がるらしいが、沖縄の最低賃金低すぎるのではないか、、、


こんばんは。

 

最近の沖縄はバッツグンに天気がよくて、

朝からグングン活動しちゃっている私です♪( ´▽`)

 

今日は大学4年前期最後の講義で、

なんと、明日から夏休み!!

 

まぁ、四年生の夏休みって結局は卒論があったり、

社会人になるための準備期間でもあるので、

なかなか、全力で遊ぶぞ!!っていう日をそんなに多くは

作れないと思うんですが、まぁ、ゆるっと2ヶ月間楽しみますっ♡

 

 

今日は朝のニュースを見た時点で、

ブログに書く記事は決まっていたんですけど、

「最低賃金アップ」が大きくニュースに取り上げられていましたね!

 

平均27円のアップを考えているようなんですが、、

まぁ〜ね、前々から「最低賃金」がニュースになると

思うことがあるわけですよ、

 

沖縄の最低賃金低すぎないか??

ということです。

 

本当に、なんというか、差別なのか??って思わざるを得ないんですよ。

 

 

何故ならば、、、

沖縄ってここ10年くらいをかけて

一気に都市化が始まっているんですよね。

 

イオンモールライカムもやパルコシティ、OPAもできました。

宜野湾と浦添、那覇を繋ぐ大きな道路もできました。

観光客の増加に伴いリゾートホテル、民泊もかなり増えてきました。

観光客が増加しているために、モノや飲食店は観光客価格。(物価高騰)

 

そして、何よりも、地価の高騰!!

那覇市久茂地三丁目付近の坪単価は460万を超えています!!

 

f:id:marylife:20190801004223j:plain

(土地DATAより)

 

これは新宿の平均坪単価340万を大幅に上回っています!

これってかなり恐ろしいことですよね。

 

最近では沖縄の「不動産バブル」という言葉もよく聞きます。

 

今年度初めくらいですかね、

沖縄の地価上昇率が全国でNO.1!!

ということで、ニュースにも取り上げられていました。

 

というのにも関わらず、、、

沖縄の賃金見てくださいよ。

 

f:id:marylife:20190801004308j:plain

(厚生労働省、地域別最低賃金全国一覧より)

 

未だに、一人当たりの県民所得はワースト1位。

そして、最低賃金も未だに鹿児島に次ぐワースト2位。

 

それだけではなく、子供の貧困率もワースト1位。

給食費未納率もワースト1位。とんでもないですよね。

かなり、心の痛くなる話です。

 

 

そして、国を動かしている方々は、

こんなに物価や地価が高くなっていることを理解しきっているはずなのに、

今朝の最低賃金アップのニュースでは、引き上げ幅Dの枠に沖縄が入っていました。

(引き上げ幅Aランク28円アップ予定、Bランクは27円アップ予定、C,Dランクが26円アップ予定)

 

これを見た瞬間、二度見しちゃいましたよね、

いや、何を考えてこういうランクをつけたんだ!と

どういう基準で最低賃金を決めたのか!!と

 

沖縄を下に見ているようにしか思えないそのランクづけといい、

現状を真面目に捉えていない国の方針といい、

心の奥底から、何か燃え上がるようなものがありました。

 

しかし、正直なところ、沖縄県民はそこまで、賃金や給料について

深く考えていないはずです。私たちのような若い世代なら尚更。

こういう賃金や政治のことなどについて深く話すようなこともありません。

(実際、2,3年前まで私もそうでした)

 

これを見ている沖縄県民の方々も、知らなかった。

別にたったの1円、2円、どうでもよくない??と思うかもしれません。

 

ですが、その1円、2円の差が私は非常に大切な部分だと思います。

今、誰かが「これはおかしいんだ!」と発信しないと、

沖縄は何も言わないからこれからもずっと、沖縄はこれでいいんだ、

と思われて物価や地価だけが上がっていく一方です!

決して、沖縄県民の考えが日本に届くことはありません。

 

 

 

貧困というものはその世代のみにとどまらず、

次の世代へ、そしてまた次の世代へとずっと続いていくものです。

 

実際に,

貧困家庭に生まれた子供は同じように貧困家庭を作り上げる

という、はっきりした研究データも出ています。

 

 

だからこそ、今私たちの世代で、この貧困をストップして、

次の世代、そしてまた次の世代が豊かな生活を送れるよう

整えていかなければならないんです。

 

きっと、今読んでいる皆さんも一人残らずして、

自分の子供や孫にお金に困るような人生を歩んで欲しくないはずです。

 

こうやって記事を書いている私もその一人です。

まだ見ぬ我が子ですが、自分の子供がお金に苦しむような

生活は絶対にして欲しくないです。

 

毎日三食美味しいご飯が食べれる。

毎日、朝一杯のコーヒーが買える。

疲れた夜は料理をせずに外食ができる。

そんな家庭、人生を私自身も創り上げていきたいですし、

まだ見ぬ我が子も、そういった人生を創り上げていって欲しいなと願います。

 

 

 

そんないろんな思いが込み上げて、今日は最低賃金について書きました。

 

熱くなってしまいましたが、読んでくださってありがとうございます。

どんな形でもいいです。みなさんも積極的に発信していきましょう✌︎

 

 

 

KIJO

 

 

2019.08.01

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 

f:id:marylife:20190406124344j:plain