Kijo Life

沖縄GiRLの自由ライフ

琉球大学附属病院の病院食が感動的に美味い!!

こんにちは。

 

最近、約2年前に発症した体調不良により、

沖縄の中部にある琉球大学附属病院に入院していたわけですが、

そこの病院食がびっくりするほど、美味しかったので

今日は琉球大学附属病院の病院食について

書いていこうと思います٩( 'ω' )و

 

 

 

琉球大学附属病院って??

 

琉球大学病院とよく言われることが多いのですが、

実際の名前は「琉球大学医学部附属病院」です。

 

沖縄県中頭郡西原町に位置しており、

設立は1970年6月の歴史ある大学病院です。

 

 

診療科部は、

内科、外科、脳神経外科、整形外科、形成外科、

産科婦人科、小児科、皮膚科、腎泌尿器科、耳鼻咽喉科、

眼科、精神科神経科、放射線科、麻酔科、歯科口腔外科、

病理診断化、救急科、リハビリテーション科があり、

多くの症例を持つ、沖縄県を代表する病院となっています。

 

 

www.hosp.u-ryukyu.ac.jp

 

病院食

 

病院食って聞くと、「不味い」とか「味が薄い」とか

そういうマイナスなイメージを持っている方が多いかと思います。

 

私も、病院食に対して、そういうイメージをずっと持っていました。

 

まぁ、なぜかというと、

幼い頃、喘息で入院していた病院の病院食が、

めっちゃくちゃ不味かったんですね。

 

ご飯はベタベタだし、味は薄いし、これ本当に食べる側のこと

考えてくれているのか??ってほどだったんですよ。

本当に、大げさじゃなくて、そのくらいご飯の時間が苦痛、、、

 

だから、病院食に対するそのなんというか、悪いイメージが強すぎて、

今回も「あぁ〜病院食食べないといけないのか〜」って

思いながら、若干テンション下がり気味で病院に行きました。

 

 

私は午前10時が入院(病棟入り)の時間だったので、

お昼の12時には昼食が出たんですけど、

本当になんの期待もなく、

「今日から数日はこの食事か〜。帰ったら美味しいご飯いっぱい食べよう」って

思いながら、一口目を口にしました。

 

そしたら、

「ん???」「え???」「美味い気がする、、」

いや、何かの間違いだ、、、もう一度、、パクッ、、

「え、、、、普通に美味い、というか、めっちゃ美味い」

こんな状況に陥ったんですよ。

 

私の「不味いだろう」という予想をいい意味で裏切られて、

めちゃくちゃ美味いんですよ。レストランかという錯覚に陥るほど、、

 

病院食なのに、

味も薄くないし、ご飯もベタベタしてないし、

とりあえず、味のバランスが良くて、飽きないし、

これは、ブログに記録として残さなきゃ!!と思って

ちゃっかり写真を撮っちゃいました^ ^

 

ジャーン٩( 'ω' )و

 

f:id:marylife:20190624162056j:plain

 

献立

・焼肉(牛肉)

・白米

・卵の清汁

・ブロッコリーの和えもの

・野菜炒め

・りんご

 

f:id:marylife:20190624163719j:plain

 

献立

・沖縄そば

・紅芋ゴマ団子

・お浸し

・みかん、ぶどう

 

 

まぁ、写真で味までは伝わらないので、

それがちょっと悔しいところなんですけど、

とにかく美味しかったんです!!

 

ちなみに、私の1番のお気に入りは毎日の和えものかな〜٩( 'ω' )و

野菜を和えものとして摂取できるのは嬉しいことですよね♡

 

 

 

怪我だったり、病気だったり、

生きてれば病院に入院することもあるかと思います。

そこで不安になるのが、やっぱりご飯が合うのかとか、

そういうことだと思うんですよ。(少なくとも私は、、)

 

 

でも、琉球大学附属病院に入院となった方にはお伝えしたい。

琉大病院のご飯はマジで美味しい!!ので安心してほしい。

 

食べ物が美味しいだけで、入院生活を数倍充実したものにできると思うし、

言ってしまえば、入院生活の八割は「病院食」にかかっているとさえ思う!

そう感じている、最近のワタシでございます( ´ ▽ ` )

 

 

本当に管理栄養士さんには感謝しかない。

管理栄養士さんの仕事の素晴らしさを感じました^ ^

ありがとうございます。

 

 

KIJO

 

 

 

 

2019.06.24

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 

f:id:marylife:20190406124344j:plain